グルテンフリーの効果はいつから?グルテンフリーダイエットの効果

 

グルテンフリーを始めると

効果はいつから感じるのでしょうか。

 

今回はグルテンフリーダイエットの効果と、

時期について紹介します。

 

 

グルテンフリーの効果はいつから?グルテンフリーダイエットの効果、効果こうすけbase(こうすけ効果)。子供と 雑穀米の効果

 

グルテンフリーは

 

小麦などの穀物に含まれる

「グルテン」を除去した

食事などを指します。

 

 

グルテンフリーの食事は、

もともとセアリック病などの

 

アレルギー疾患がある患者を対象に

行われてきた食事療法ですが、

 

最近ではダイエットや

体調改善のひとつとして注目されています。

 

 

グルテンフリーのダイエットを始めた場合、

効果はいつから出るのか気になりますよね。

 

グルテンフリーダイエットは、

開始してから緩やかに改善していき、

 

3週間ほど経ってから

効果を感じられると言われています。

 

 

グルテンフリーダイエットは、

ほかのケトジェニックやローファットのように

体重を落とすことが目的ではなく、

 

頭痛や疲労感、腹痛などの

「病院に行くほどではない体調不良」を

改善することを目指す食事療法です。

 

グルテンフリーのダイエット効果は

副産物のようなところがあり、

小麦を多く含むラーメンやパン、

 

パスタやお菓子類を摂取しなくなるため、

結果的に痩せるといった効果があると

自分は考えています。

 

 

そのため、グルテンフリー

ダイエットの一環として行った場合、

 

「効果なし(ない)」や

「効果が出るまでの期間が長い」など、

意見が見受けられます。

 

ダイエットをメイン目的にする場合は、

 

短期間でメキメキ痩せる

というわけではないので、

注意が必要です。

 

 

グルテンフリーダイエットを、

体調改善+痩せることを目的として、

 

長期間で行っていきたいと

考えている場合は、

かなり有効なダイエット法と言えます。

 

例えば、グルテンフリーによって

美肌効果が得られ、

 

荒れやニキビが出来にくくなったとの

意見を耳にします。

 

これは小麦による軽度の

食物アレルギーによるニキビなどの炎症が

 

グルテンフリーによって

改善されたと考えられます。

 

また、同じような原理で

グルテンフリーを始めてから

皮膚にも効果が見られ、アトピーが改善されり、

 

中には花粉症も良くなったとの

意見もあります。

 

 

更に、最近ではグルテンフリー効果は、

統合失調症やうつ病などの精神疾患に加え、

 

アルツハイマー病などの

疾患も軽減するという報告があるほか、

 

自閉症などの神経疾患にも

効果的と言われています。

 

このように、グルテンフリーダイエット

健康生活に非常に効果的であり、

 

尚且つ小麦を使う高カロリーな

食事を控えることによって

体重減少も期待できるので、

 

自分が1番おすすめしたいダイエット法です。

 

 

また、最近では子供の食事を

グルテンフリーの雑穀米にする

家庭が増えています。

 

グルテンは腸壁にへばりつき、

粘膜炎症などを起こします。

 

子供(主に0才~2才まで)は

消化管が未発達で、

大人が食べても平気なもので

 

アレルギー症状や下痢などを

起こすことがあります。

 

そのため、小麦粉などを控え、

 

グルテンフリーの食事を子供

与えることは健康面でも安心できますし、

効果も期待出来ます。

 

加えて、グルテンフリーと同様に、

最近注目されている不使用食材に

「カゼインフリー」というものがあります。

 

カゼインフリーは乳製品に含まれる

タンパク質で、

摂取しすぎると腸の機能障害を起こします。

 

乳製品は子供にも

良く食べさせる食品ですが、

グルテンフリー同様、

 

カゼインフリーの食品を使用して

腸の保護効果

期待しているかたが多いです。

 

グルテンフリーやカゼインフリーは

海外では積極的に取り入れている国が多く、

 

効果などを記録しているブログもあるので、

気になるかたは検索してみてください。

 

 

グルテンフリーダイエット

デメリットは、

 

ラーメンやパスタ、パンなどの

小麦を使う食べ物が

食べれないという点にありますが、

 

近年グルテンフリーで料理を

提供する飲食店が増えてきており、

 

安心して外食が出来る上に

やアレルギーなどへの効果

損なわずに楽しむことが出来ます。

 

 

東京都世田谷区にある

「らーめんこうすけ」では、

 

化学調味料を使用しない

玄米麺で作られたラーメンを

食べることが出来ます。

 

また、こちらのラーメンのスープは

コラーゲンがたっぷり入っており、

女性からの人気も高いラーメン屋です。

 

更にネット販売「base」から

購入することも出来るので、

自宅でこうすけ効果を実感出来ます。

 

こちらのサイトは

「効果こうすけbase」で検索すれば

簡単に出てきますので、

 

興味がある場合は検索してみてください。

 

 

発達障害とグルテンフリーの効果。ゆるいグルテンフリー(ゆるグルテンフリー)効果は?

 

アメリカでは133人に1人が

セアリック病を発症しており、

 

グルテンフリー食が

日常に浸透してきていますが、

日本ではまだまだ知らないかたも多いです。

 

更に、食事をグルテンフリーに

変えるとなると、ラーメンやパスタ、

パンなどが食べられなくなり、

 

不自由に感じるかたも多いため、

グルテンフリー食との共存は

まだまだ遠いと言えます。

 

 

ですが、グルテンフリー食を

 

日常にゆるく取り入れた

ゆるいグルテンフリー(ゆるグルテンフリー)を

始めているかたが増えてきています。

 

これは、いきなりハードな

グルテンフリー食を始めるのではなく、

 

日常に馴染むようにゆるく

グルテンフリー食に

慣れていくことを言います。

 

 

ゆるいグルテンフリーは

ダイエットに重きをおいても効果的です。

 

例えば、グルテンフリーの食品を選ぶ際、

パンパスタなどを米に変更したり、

 

米粉を使ったものを

選んだりするだけでも効果が現れます。

 

ゆるいグルテンフリーは長期間、

継続的に行って効果を得るものなので、

ダイエット美容に効果的です。

 

個人差はありますが早いかたでは、

ゆるいグルテンフリーを始めて

1週間程度で朝の目覚めが良くなったり、

 

肌にハリが出てきたと感じるほか、

2週間で体がすっきりして

 

体重がゆるく減ってきたと

効果を実感するかたもいます。

 

 

よく、知恵袋などで

グルテンフリーを始めて

効果が出るのはどれくらいですか?」や

 

「何日目からですか」と

質問しているかたを見かけます。

 

先に挙げたように個人差がある上に、

長期間続けて効果を

実感出来ることが多いため、

 

即効性のあるダイエットと

捉えない方がいいと自分は考えています。

 

 

グルテンフリー食は健康や

美容に効果があると言われていますが、

 

ある論文では「グルテンに対し、

不耐性やアレルギーのない人間が

強制的にグルテン除去食にすると、

 

食物繊維や鉄の不足、

脂質の過剰摂取などの悪影響がある」

と言われています。

 

セアリック病やグルテン不耐性のかたが

多い海外では、

グルテンフリー食は日常化されており、

 

効果を実感しやすいかたも多いですが、

日本人は海外ほど

そういったかたが少ないので、

 

単純に栄養不足や脂質異常症になるリスクを

高めるだけなのかもしれないですね。

 

 

余談ですが、グルテンフリー

その効果はセルビアのテニスプレイヤー、

 

ジョコビッチ選手の食事法で

有名になりましたが、

ジョコビッチ選手のように海外の食文化では、

 

徹底的にグルテンフリー食を

日頃から取り入れるのには

限界があります。

 

ですが、日本食はグルテンが

含まれていない食べ物が多く、

グルテンフリー食は簡単に実現可能です。

 

パンやパスタなども、

米粉に変えて食べたり、

 

ラーメンなどもグルテン不使用の

飲食店が増えてきているので、

 

気軽にグルテンフリーを始めて

効果を得られやすいと思います。

 

また、グルテンフリー効果

発達障害にも適応があるとされており、

 

ある文献では自閉症の子供の発達が

改善したとの報告もあります。

 

子供の場合、消化器官が未熟なので、

グルテンフリーの食事は健康面で

適切と言えます。

 

また、グルテンフリー効果

期待してお菓子などに使われる

小麦粉を粉にしたり、

 

パンやパスタは避け、

白米やおかゆに変えると

とても良いと自分は思います。

 

子供の場合、幼少期から

グルテンフリー食の習慣がついていると、

 

大人になっても無理なく

グルテンフリーを続けられるので、

 

子供にグルテンフリー食を

食べさせるのはアリかもしれません。

 

 

グルテンフリーの効果はいつからについて

 

グルテンフリーはゆるく長くやることで

効果を感じやすい食事療法です。

 

ハードなグルテンフリーは

必要な栄養素まで除去してしまいますが、

 

ゆるくすることで、

デメリットを防げると思います。

 

子供の発育にも効果があり、

食文化から比較的挑戦しやすい

 

グルテンフリーはおすすめ出来る

ダイエットです。

 

無理なくゆるく、

グルテンフリーダイエットに

チャレンジしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました