ケトジェニックで頭痛?対処(頭痛い)糖質制限の頭痛はいつまで?

 

糖質制限を行うと、

頭痛になりやすいのはご存知でしょうか。

 

今回は、

ケトジェニックダイエットで

頭痛に悩まされた時の対処法などを紹介します。

 

 

 

ケトジェニックのダイエットで頭痛!頭痛い時の対処は?

 

ケトジェニックは、

 

本来

エネルギーとして使われる糖を

制限することによって

 

脂肪をエネルギーとして

痩せるダイエット法です。

 

 

体は本来

弱アルカリ性に保たれており、

 

糖から脂肪へ

エネルギー源をチェンジすると

酸性に傾き、

 

さまざまな副作用を引き起こします。

 

 

ケトジェニックダイエットの

初期で起こりやすいのは

 

頭痛、吐き気、思考低下、

筋肉痙攣、疲労感などです。

 

 

これらの副作用は

「ケトフルー」と呼ばれ、

体に悪影響を及ぼすので注意が必要です。

 

 

ケトジェニックダイエット

頭痛が起きる原因は、

体が低血糖状態にあることが理由です。

 

 

過度な糖質制限などで

低血糖状態に陥ると、

 

脳が食べ物を確保させるために

アドレナリンを放出します。

 

 

アドレナリンは

発症血管を拡張させてしまうので、

 

拍動性(脈に合わせた)の

頭痛が起こります。

 

 

この頭痛は

 

体がエネルギー源が糖から脂肪、

体が弱アルカリ性から酸性へ

変わるまで続きます。

 

 

脂肪がエネルギーに変わり、

体が酸性へ変化した状態

「ケトーシス」と言います。

 

 

ケトーシスの状態にまでくると、

頭痛は徐々に軽減していきます。

 

 

ですが、

ケトーシスの状態までいくには

それなりに時間がかかりますので、

 

頭痛に悩まされる期間は

ある程度発生すると

思った方が良いでしょう。

 

 

頭痛の対処法は

鎮痛剤を服用すると良いと

思っています。

 

 

ケトジェニックダイエット中の頭痛

オススメの薬

 

ロキソニンSや

バファリンプレミアムなどです。

 

 

ロキソニンSは

薬剤師のイチオシと言われるほど

頭痛に特化した痛み止めです。

 

 

また、

バファリンプレミアムは

即効性に特化しているので、

 

「今すぐ頭痛いのをどうにかしたい!」

という時によく効きます。

 

ケトジェニックは

ひと口に言えば糖質制限ですが、

 

体の中のエネルギー源を

無理矢理変えるのは難しいことですし、

 

ケトーシスは

医学的に

健康と言える状態ではありません。

 

 

頭痛などの

副作用もつきものなので、

 

ケトジェニックダイエットをする際は

体への影響を

リサーチしてから行いましょう。

 

 

 

糖質制限で頭痛…いつまで?ケトジェニックで頭痛はいつまで

 

ケトジェニックダイエットで

糖質制限をしていると起こる頭痛

いつまで続くのでしょうか。

 

 

先に挙げたように、

ケトジェニックでの頭痛の原因

体が低血糖状態になることです。

 

 

低血糖状態では、

体が糖分を欲しがって

 

アドレナリンが

発症血管を拡張するために

頭痛が起こります。

 

 

これは

体の主となるエネルギー源が

糖質であることが原因です。

 

 

ケトジェニックダイエットを

続けるにつれて、

 

体の主たるエネルギー源が

脂質にチェンジすれば、

頭痛は徐々に治まってきます。

 

頭痛が治るまでの期間は、

体が酸性になり

 

脂肪が主たるエネルギーと

切り替わるまでの日数が必要です。

 

 

早いかただと1週間前後ですが、

だいたい1ヶ月ほどかかると聞きます。

 

 

1ヶ月も

頭痛に悩まされるのは

辛いものです。

 

 

予防として、

鎮痛剤を飲むことはもちろんですが、

これはあくまで一時的な処置になります。

 

 

頭痛の根本を叩くには

制限する糖質の量を

変更するしかありません。

 

 

1日の

糖質の摂取目安量は320gです。

 

 

ケトジェニックダイエットでは

1日の

糖質の摂取目安量は40g以下なので、

 

通常の8分の1程度しか

摂取することが出来ません。

 

 

更に厳格な

糖質制限を行うかたは、

 

1日の糖質を

20g以下で抑えてる場合もありますが、

 

20g以下では

ケトフルーが起こりやすいです。

 

 

ケトフルーが起こったら

すぐに糖質量を増やすことが

副作用予防の重要点と言えるでしょう。

 

 

ケトーシス状態に

早く持っていきたい場合は、

 

糖質を

20g以下にすることが望ましいです。

 

 

頭痛や吐き気、

不眠などの副作用は辛いですが、

 

早く体のエネルギー源を

変えることによって

頭痛から解放される日も早くなります。

 

 

ケトジェニックは

長期間

ケトーシス状態を保つダイエットなので、

 

自分は長期間続けることは

おすすめできません。

 

 

長く続ける場合は、

糖質を極限まで制限するのではなく

 

通常量より

少なくとることをおすすめします。

 

 

ダイエットより

健康を優先しながら

 

上手く付き合っていけるような

ケトジェニックを実施してください。

 

 

 

ケトジェニックでの頭痛の対処法について

 

ケトジェニックダイエットを

頭痛を起こさずに実践するのは難しいです。

 

 

糖質は体にとって

重要な三大栄養素のひとつであり、

主なエネルギー源なので、

 

糖質を制限すると

それなりのリスクがあります。

 

 

しかし、緩やかに行う糖質制限や、

頭痛が起きても

予防として鎮痛剤を飲むことで

 

リスクを軽減することは可能です。

 

 

体調の変化と

上手に付き合いながら

 

ケトジェニックダイエットに

トライしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました